« 第2回霞ヶ浦防塵挺身隊 開催リポート
報告:千代田裕樹
| TOP | 第2回霞ヶ浦防塵挺身隊 開催リポート
報告:千代田孝子 »

第2回霞ヶ浦防塵挺身隊 開催リポート
報告:高島久嗣

第2回霞ヶ浦防塵挺身隊 開催リポート
報告:高島久嗣

土曜日はお疲れ様でした。
想像以上のゴミの量に驚愕しました。

今後も定期的にやって、
ゴミを減らしていけたら最高ですね。

今回参加して思ったことは、昼食会の時にもお話しましたが、
下記の通りです。

1)Vハルより平底の方が葦の中に突っ込んでいけるので、
 ゴミを回収しやすいということ。

2)桜川を区画分けして、それぞれ担当区域を決めた方が
 効率がいいということ。
 (僕等の船はエレキのみなので、機動力がなく近場しかできないので
  エンジン船の方に上流を攻めてもらいたかった)

3)雨が降っていたので葦に虫がいなく、躊躇なく突っ込で行けたこと。
 水上ゴミ拾いの時は雨の方がいいのかもしれません!?

4)軍手より、ゴム手袋の方がいい。

以上の4つですかね。
また次回も都合が合えば参加します。
次回は、僕のまわりの連中にも呼びかけて、
平底班を作って葦の奥の奥を攻めたいと思います。
それではまた。

追伸:ゴミ拾いのあと、新利根川に釣りに行ったのですが、
   尋常じゃない数のヘラブナが死んでいました。
   1mおきに2~3匹の死骸がありました。
   田んぼの農薬ですかね?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2492