« 第1回 真野ダムクリーン大作戦「53 Pick Up!・秋の陣」2005
真野ダム周辺清掃(立入禁止区域除外) 開催リポート
報告:土屋 敏
| TOP | 第8回霞ヶ浦防塵挺身隊 開催リポート
報告:吉田幸二 »

第8回霞ヶ浦防塵挺身隊

都道府県 茨城県
開催地 霞ヶ浦 蓮河原船溜の横の広場
開催日 2005年10月8日(土)午前9時~11時 今回はボートの使用なし。
 ※13時より水辺交流館にてミーティングを開催。
名称 第8回霞ヶ浦防塵挺身隊
開催通算回数 第8回
開催責任者 隊長:吉田幸二
URL 水辺基盤協会
集合場所 蓮河原船溜の横の広場
雨天時 決行
参加費 500円(傷害保険料、ゴミ処理費用)
申込締切 --- 
申込先 必要事項を記入の上、oyaji@wbs1.jpまで
主催 NPO法人 水辺基盤協会 
参加人数 24人
主協賛 ---
その他協賛 ワールドバスソサエティー 
後援 国土交通省霞ヶ浦河川事務所  土浦市環境衛生課  土浦市環境保全課  (社)霞ヶ浦市民協会  茨城県土浦土木事務所  W.B.S.  (順不同)
ゴミ回収量 ---
開催リポート 吉田幸二 藤野佳織
備考 すっかり秋の陽気に包まれた霞ヶ浦、
いよいよ本格的な秋の荒食いバス釣りシーズンですなッ。
暑くなく寒くなく、人間だって食欲が旺盛になるシーズンですぞッ。
バス釣りにとって、こんなスンバラしい季節だってぇーのに、
よりによっての霞ヶ浦防塵挺身隊に召集令状だぁーッ!
でも、のんびりと秋を楽しんでいた霞ヶ浦防塵挺身隊の皆さんは、
もうそろそろ招集令状が・・・・・・なぁーんてことを考えていたのでは。
その召集令状の発令だよ。
2005年の第二回目、通算八回目の開催布告である。

年にほぼ三回のペースで、不規則不定期、突然に招集される防塵挺身隊は、53 Pick Up !の特攻隊的役割を果たしている。水辺に投げ捨てられる悪意(ゴミ)と最前線で戦う戦闘員である。防塵挺身活動はその文字通り、
水辺の塵芥を身を挺して防ぐ防人(さきもり)である。
※防人とは、奈良時代の律令制下、大陸からの侵入を防ぐ目的で九州北部の沿岸帯や壱岐、対馬に派遣された兵士のこと。

これこそが、水域に不法侵入する外来種の排除である。プラスチックやビニール、発泡スチロールなどの石油化学物質ゴミに加えて、缶や瓶などのゴミは、紛れもなく外来のゴミである。これらの外来ゴミを除去する作業こそが、いま最も求められている水を守る活動だと考える。

で、第8回目となる霞ヶ浦防塵挺身隊の活動を発令する。
今回は土浦市蓮河原一帯の防塵作業である。水に親しめる浜辺が、自然に出来つつあるこの一帯に、不法投棄され、放置された水中沈没外来塵芥を、拾い集め処理する活動を、来る10月8日(土)の午前9時より11時までの二時間行うので、霞ヶ浦防塵挺身隊隊員各位の参加を乞う。

蓮河原地先の防塵挺身活動終了後は、反省会を兼ねた食事会も開催予定なので、水中塵芥掃討作戦に参加してもらえる隊員は、速やかにoyaji@wnbs1.jpまでメールをくだされ。呉々も可及的速やかにですぞッ。

また、この日は午後1時より、水辺交流館(インフォーメーションセンター)に於いて、清掃活動のミーティングも行われるので、防塵挺身活動後のミーティングに多数の列席をお願いしたい。バスフィッシングが大好きなアングラーとして、同時に霞ヶ浦を愛する釣り人として。

ゴミのない、美しい水辺を目指して、
いまオレたちに出来ることをコツコツとこなして行こう。
霞ヶ浦が化学物質ゴミやリサイクルゴミなど、
極一部の流域住民による悪意に溢れる前に・・・・・・。

皆さんの参加を待っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2573